Now Loading...
original

オリジナル打掛

NSplus「オリジナル打掛ページ」

NOB MIYAKE

NSプラスから新ブランド「NOB MIYAKE」が誕生
「NOB MIYAKE」は京都の伝統ある金彩工芸(金や銀などの箔や金属粉を立体的に装飾する技法と天然素材の鮑の螺鈿を着物に施す技術)の伝統工芸士、三宅誠己(みやけのぶみ)が新しく立ち上げた世界ブランドです。
これまでに制作した和装花嫁衣裳は1万着。多数の芸能人の和装花嫁衣裳を手掛け、2020年には海外王室への献上品を制作。
三宅誠己が金彩工芸士として集結させた技術とそこから繰り出される日本工芸の美しさをご覧ください。

金濃淡地、熨斗に金彩・螺鈿

金彩と螺鈿だけで仕上げた豪華な作品です。バックの細かい部分にも妥協せず金彩工芸を施しました。

白~金地、熨斗に本手描き友禅、金彩・螺鈿

本手描き友禅、金彩工芸、螺鈿工芸と職人の技を全て詰め込みました。

赤地、洋花・唐草、手描き友禅に金彩

糊の中に炊いた染料を混ぜ入れて、板場で染めるシゴキ染めという特殊な染め方で赤色地を染めています。

白無垢、洋花・唐草、白金彩

金彩の技法だけで仕上げました。

上記の衣装は貸出可能です。こちらよりお問合せください。

トップへ

NSplus「オリジナル打掛ページ」